スタッフブログ

今月の波止場清掃記録

深江海岸は白砂青松、とてもきれいなビーチが広がっています。地域の皆さんが漂着ごみ回収や防風林の落ち葉処理などの清掃活動を定期的に行っていてこの美しさが保たれています。これからの季節は福岡近郊からも多くの海水浴客が訪れ大賑わいです。観光地引網も行われていて、大きなミズイカが大量に捕れることもあり自慢の海岸です。

また、深江海岸は、3つの波止場があり魚釣りの好ポイントでもあります。キス釣りやアジ釣りなどファミリーフィッシングでも賑わいます。

私自身も一人の釣り人であり、この波止場で魚釣りを楽しんでいました。しかし以前から波止場の周りには空き缶やペットボトル、ビニール袋などが散乱しているのが気になっていました。いつしかこの波止場のごみ拾いを行って、訪れる人たちにきれいになった波止場で魚釣りを楽しんでもらいたいと思うようになりました。そんなきっかけで月例の波止場清掃を行うようになりました。

2番波止場駐車場に車を停めて、右手にごみバサミ、左手にはボランティア袋を持って3番波止場に向かってごみを拾っていきます。まずは定番のたばこの吸い殻、最小最多のポイ捨てキングです。続いて空き缶とペットボトルをいくつか拾ったところで波打ち際に降りていきます。

ゴロタ石の間からハマヒルガオが力強く咲いています。海が荒れたときには海水に浸かってしまうところなのですが、きれいな海岸にまさに花を添えてくれているようです。

ここは漂着ごみエリアです。ナンバーワンは発泡スチロールの破片。西風に吹かれやっと岸辺にたどり着いたのに岩と岩の間に挟まれ身動きが取れなくなっています。それを無理やり引きずり出しゲット!切れかけたロープなども岩に必死に巻き付いて踏ん張っていますが、はさみでチョッキン、袋の中へ。大きなブイやプラスチックトレイを拾ったらあっという間に袋もいっぱいになりました。替え袋準備。海岸線をさらに進んでいきます。ここから先は私たち以外ごみを拾いに来る人はいないので漂着ゴミの宝庫です。大物小物で二つ目の袋もいっぱいになり今回のごみ拾いも「両手にごみ」で終了しました。

最近ここにグランピング施設がオープンしました。オーシャンビューなので結構賑わっているようです。きれいな海を眺めながら休日をのんびりと過ごすのもいいですね。

これからも皆さんに楽しんでもらえるように波止場清掃を続けていきます。見かけたら声を掛けてくださいね。

いつまでもきれいな地球でありますように。

2022.5.7 nijyo environment

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。